前田 圭介
AUTHOR

前田 圭介

生け花の『先生』を母に持つ、二児のパパ。 多肉植物に魅せられ、多肉の世界へ。 もともと好きだったハンドメイドと多肉のコラボを楽しむ。 まだまだ多肉初心者のため、日々勉強中! 好きな多肉はハオルチア系。

  • 2020年10月18日

【アロエ 葉挿し】アロエの葉挿しに成功するには? 葉挿しに成功した方法をご紹介

多肉植物の増やし方としてポピュラーな葉挿しですが、多肉植物の中でもアロエの葉挿しは難しいというのをご存知ですか? 今回はそんなアロエであえて葉挿しに挑戦してみました。 この過酷な困難にともに立ち向かってくれたのはアロエの『不夜城』さんです。 肉厚な葉がとっても […]

  • 2020年7月19日

【多肉図鑑】銘月の特徴・育て方を解説します

銘月(めいげつ)の基本情報 ベンケイソウ科セダム属。 春秋型の多肉植物です。 夏と冬は成長が止まり休眠します。 学名はセダムアドルフィー、流通名として名月、明月と表記されることもあります。 セダムとしては大型種で葉に光沢があるのが特徴です。 似た種類として黄麗 […]

  • 2020年6月1日

【ハンドメイド】アイスの棒でオリジナルの名札を作ろう!アイスの棒のメリットとは?

そろそろ暑い日が本格的に続くようになりましたね~。 こう暑いと食べたくなりますよね、アレ。 アイス! 僕はクリーム系より氷系が好きなんですよね。 だからハーゲンダッツよりガリガリ君の方が好みな訳です。 で、アイスキャンディーに付き物なのがアイスの刺さっている木 […]

  • 2020年5月30日

【水耕栽培】多肉植物の水耕栽培実験中 その③ ハイドロカルチャーにシフトした【ハイドロカルチャー】

多肉植物の水耕栽培にチャレンジし始めたのは去年の9月……。 ハオルチアのオブツーサを使っている(ハオルチアは生長が遅い)ということもあり、なかなか生長らしい生長も見られず。 かと言って枯れるわけでもなく。 生き続けている僕のオブツーサ。 とりあえず生きているな […]

  • 2020年5月2日

割れたまご(紫帝玉)を買ってみた

皆さんこんにちは! 皆さんはどんな多肉植物が好きですか? 僕はハオルチア系が一番好きです。 軟葉系のあの美しい窓はうっとりしちゃいますよね~。 あとモフモフな月兎耳のようなアニマル系も好きです。 あの触り心地は極上です! テレビ見ながら指先で弄んでいたい(笑) […]

  • 2020年4月27日

月兎耳を植え替えたよ! 下葉の枯れは植え替えのサインかも!

皆さんは動物好きですか!? 僕は好きです! ワンちゃんニャンニャン大好きです! ちなみに犬派です。 あ、聞いてない? 多肉植物にもアニマル系があるのはご存知かと思いますが、僕は多肉ちゃんのアニマル系も好きなんです。 葉のもふもふ具合は本物の動物にも勝るとも劣ら […]

  • 2020年4月21日

トキワ園芸農業協同組合花木センターで多肉狩り

春になって多肉が元気になる季節になりましたね。 そうとなれば多肉狩りを楽しみたくなるのがタニラーの性! と言うわけでですね。 行ってきました。 茨城県小美玉市にある『トキワ園芸農業協同組合花木センター』、通称花木センター。 多肉植物のみならず、園芸家には名が知 […]

  • 2020年4月9日

害虫ナメクジの卵を発見! ナメクジの対処法は?

多肉植物が好きな僕ですが、コケも好きでして。 植木鉢でコケを栽培してるんですよね。 植えてあるツツジの根元の日陰で栽培しているんですが、ある日ふと植木鉢をずらしてみると植木鉢の下の地面に白っぽく透明な直径1~2mm程度の卵を発見。 ダンゴムシもその周りにいたか […]

  • 2020年1月23日

多肉植物? ハーブ? 多肉ハーブ『アロマティカス』をご紹介!

きっかけはですね、いつものごとくネットサーフィンして多肉情報を眺めていたら、クラッスラ属の花は臭いのが多いという記述を見つけた所からなのですが。 じゃあ、良い匂いの多肉植物って何があるのよ? って思ったので調べると……。 『多肉ハーブ アロマティカス』 おお! […]

  • 2020年1月20日

多肉植物の水耕栽培実験中 その② 根が伸びない!

9月に多肉植物の水耕栽培にチャレンジし始めて、はやおよそ3ヶ月……。 ビクビクしながら根をカットしたあの日。 まさかこんな長丁場になるとは思ってもみませんでした! ハオルチアのオブツーサを使用していますが、オブツーサは生長期が春秋型。 ちょうど時期だからと水耕 […]

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。楽しく多肉植物を一緒に育てていきましょう!