CATEGORY

多肉植物の知識・育成方法

  • 2019年12月29日
  • 2019年12月26日

【冬の多肉植物】水やり方法について考えてみます!そもそも水やりしてOK?

皆さんこんにちは。 本格的な冬になり毎日寒いです。 人間は家の中で暖房をつけたり、服をたくさん着たりすることで体温調節をして冬を過ごしますね。 冬は活動せず冬眠する動物もいますし、体温をコントロールできる生き物はその生活環境に合わせて生き延びることができるよう […]

  • 2019年12月23日
  • 2019年12月28日

多肉植物の冬の管理!多肉植物たちを外に出して日光を当てよう

いやぁ、寒い寒い! 寒いと外に出るのも億劫ですよね…… 多肉植物だって寒すぎるのは苦手なわけです。 冬型の多肉植物でさえ0度を下回ると危険です。 霜にでも当たろうもんなら『あ…走馬灯が見える……』となってしまいます。 となるとやはり皆さん冬の寒さ対策をしている […]

  • 2019年12月17日

とりあえずこれで乗り切る!冬対策は最小限に

皆さんこんにちは。 前回の記事で今年の冬対策について書きました。 できる限り過保護はやめようという話です。 長い目で多肉を育てていくためには自宅の庭等の環境に多肉を慣れさせること。 あとは通年大きな問題が起きない置き場所を自宅内に見つけることだと思います。 & […]

  • 2019年12月8日
  • 2019年12月6日

赫蓮と朱蓮の違いはここで見分ける!

秋が深まりすぎてもはや冬ですね。 天気の良い日には日光浴で多肉たちを外に出し、夕方には室内へ避難させる毎日です。 そんなに大きくなくて良いのでハウスが欲しいです。 サンタさん、ハウスとハウスを設置する土地を下さい!! で、こう寒くなると多肉たちが色気づき始め… […]

  • 2019年12月5日
  • 2019年12月8日

今年の多肉植物の冬支度!今年は過保護を辞めます!

皆さんこんにちは。 だんだん寒くなってきましたが、皆さんの地域はいかがでしょうか。 こちらは関東地方なのですが、雪が降っても年に数回。 なおかつそこまで大雪になるほどでもないといった場所です。   ただし真冬は氷点下になりますし、朝出勤前に外へ出ると […]

  • 2019年11月15日
  • 2019年12月18日

【葉挿し】成長観察:元葉が枯れてきた葉挿しを土に植え替え①

皆さんこんにちは。 不定期で成長記録をお届けしている葉挿しシリーズです。 前回は、葉挿しの成長具合を見ていただきました。   今回は、ちょうど葉の部分が枯れてきたものがありますので、独立して植え替えをしてあげたいなと思います。 ちなみに品種はピンクプ […]

  • 2019年11月10日
  • 2019年12月18日

【葉挿し】葉挿しをするときの注意!葉を適当に並べてはだめ?

皆さんこんにちは。 葉挿しについて度々記事を書かせて頂いておりますが、葉挿しにチャレンジされましたか? 偶発的に葉が取れてしまったという方は、お試しで葉挿しをしてみるのも良し。 あえて増やしてみようと思った方は好きな多肉の葉を取ってチャレンジ。 枯れてしまうこ […]

  • 2019年11月6日
  • 2019年12月18日

【葉挿し】成長観察:だんだん大きくなってきた葉挿しの状態を見てみよう

皆さんこんにちは。 以前葉挿しの方法について解説した記事を書きました。 こちらの続きになります。 季節的にも成長期の多肉を葉挿しにしていますので、多少ですが他の時期よりも成長しやすく失敗しにくいと考えています。   葉挿しにしてあるものを一緒に見てい […]

  • 2019年11月3日
  • 2019年10月24日

多肉植物の水耕栽培実験中 その① 発根しない!

皆さんは水耕栽培をご存知ですか? 簡単に言えば土を使わず直接水で植物を育てる栽培方法です。 有名なところで言えばトマトやサニーレタスなどの葉物野菜なんかで使われています。 で、ですね。 それを多肉植物でもできないかなー、なんて思ってしまったわけです。 ネットで […]

  • 2019年9月25日
  • 2019年12月18日

【葉挿し】成長観察:葉挿しのやり方と植え替え方法の解説

皆さんこんにちは。 前回から葉挿しについての解説をしています。 誰もがわざわざ葉挿しを作る必要はありませんが、好きな品種をたくさん欲しいから・枯らしたくないから増やして別で管理したい・管理を覚えたいからなど理由があれば行って良いと思います。 季節的にも真夏の時 […]

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。