【ビギナー向け】多肉植物を買ってきたらすること。まずは植え替えをしよう!

皆さんこんにちは。

最近この記事が良く見られていましたので内容を精査して書き足しました。

ご覧いただきありがとうございます!

 

多肉植物がはやり始めてからはお花屋さんやホームセンター、雑貨屋さんでも多肉植物を売っているのを目にします。

また100円ショップでも状態の良い多肉植物が並んでいることもあります。

専門店で買うばかりでなく身近なお店で多肉植物を買うことができるというのはうれしいことです。

 

最初からおしゃれな「寄せ植え」になっている商品を除き、3号サイズ程度の黒ポットやプラスチック鉢に入って販売されているものが多いかと思います。

今回は気に行った多肉植物を買ってきた後の話をしたいと思います。

 

私も含め素人が多肉植物を買うときの目利きのレベルは、せいぜい「3段階」だと思っています。

良質なもの(良い状態)、許容範囲(まぁまぁ)、悪い状態(徒長している、枯れている、腐っている)

せいぜいこのレベルです。

 

かなり悪い状態のものを率先して買う方は少ないと思いますので、安くなっている多少悪いものを選んでしまって問題はないです。

好きなものを買ってきたらよく見てもらいたい点が何点かあります。

土が乾いているか濡れているか確認!

これは以後の作業が変わりますので結構重要です。

お店によって室内で管理しているところ、外売場、温室など場所はさまざまです。

そして管理もしっかりしていて毎日手入れができる店と、とりあえず入荷したから置いてあるレベルのお店、直営で販売している農家さんのお店があります。

そうなると水やりをするタイミングや頻度も変わってきます。

水やりについての記事は別の記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物はとにかく枯らさない環境を作ることが大事です。 実は枯らしてしまう人ほど難しい環境で多肉を育てています。 水はけが悪い土に植わっている 根がたくさんポットいっぱいに張っている 日光が足りず徒長し[…]

 

本来は状況に合わせて水やりをしなくてはいけないのです。

しかし忙しいお店、店員さんが少ないお店、多肉に詳しくない店員さんしかいないお店など、管理がうまくいかない状況もあるのです。

そのため決めた時間で水をあげてしまったり、逆にやらないでしまったり、適切でない状態であげてしまうことで状態が悪くなっている場合があります。

管理ができていないお店の場合、まず間違いなく入荷後すぐに購入できた場合以外の多肉はどんどんダメになっていきます。

水やりのし過ぎは腐ってしまったり徒長の原因になっていたりします。

 

濡れている場合は土が乾くまで、または根から土を落として乾くまで植え替えを行うのをやめておいた方が無難です。

とても植え替えがしにくいためです。

 

水やりの基本は多肉植物が水を欲している状態になったら。

葉を軽く触って柔らかくなっていたらです。

状態を確認することはとても大切です。

そもそもどんな土に植わっているのか確認しましょう

これはかなり重要な話なのですが、土については別記事で詳しく解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは! 今日は多肉植物用の土について書いていきます。   私は多肉農家でも農業の専門家でも植物などの研究者でもありません。 しかしホームセンターの従業員だったこともあり、園芸には関わる仕事をして[…]

関連記事

皆さんこんにちは。 ビギナーや素人が多肉植物を管理するのに楽な状態を作ることの大切さについて書いています。 楽な状態を作る必要性は、できるかぎり多肉を枯らさないようにするためです。 素人が一番してはいけないのは多肉を枯らしてしまうこと[…]

簡潔に申し上げると、ポットに入っている土で多いのが一般的に培養土と言われるような土。

黒土や腐葉土、鹿沼土などがブレンドされた園芸用の土に近いものが多いです。

一般的な培養土はこんな感じです。

売られている多肉のポットはそもそも長く育成するためでなく、多肉農家さんが商品として出荷するために育成して大きくするために使っている状態です。

幼苗の状態に適しているといっても良いでしょう。

悪い意味では大きくなった苗には適さず、水はけが悪く空気の通りも悪い状態です。

私は家に着いたら土が乾いていれば、できる限り早くポットから外し、土を落として新しい鉢か別なポットに新しい土を入れて植え替えます。

 

上記の土の紹介記事で多肉植物に適した土のブレンドも紹介していますので是非ご覧ください。

 

ポットの土が濡れている場合は、土か根が乾くまでは植え替えは控えます。

 

土に関しては、まずはホームセンターなどで売られている市販の多肉植物用の土で良いので植え替えをしてみてください。

重要なのは水はけの良い土で管理したほうが楽なのですが、最初からブレンドをしたりするのは大変なので無理に行う必要はないっです。

花用の培養土では多肉植物には不向きで、水はけが悪く、空気の通り道が無いので適しません。

植え替えたら水やりするの?

購入時に状態を確かめましたよね。

その後濡れていた土が乾いた、もしくは最初から乾いていた状態で多肉植物を軽く触って水を欲していれば水をあげましょう。

植え替えを行ったからといってすぐに水やりをするのではなく、欲しているタイミングであげる方がおすすめです。

普通プランターなどに季節の花を植えた場合は土を落ち着かせるために水やりをしてしまいますが、そこは我慢しましょう。

 

私の場合は、もししばらく水やりしていないだろうと推測できる場合、葉がしわしわになっている場合、さらに条件としては真夏の昼間以外なら水を鉢からしっかり出てくるまであげます。

もし葉がしわしわでない、土が濡れていたという場合はあげないようにしています。

 

一般的に春秋型と言われるベンケイソウ科の多肉植物、エケベリアやセダムでいうと、成長期の春や秋でも1週間に1回は多すぎます。

冬は1カ月に1回あげるかあげないかといった具合です。

基本乾燥気味に育てるのが良いと言われていますが、実際に当たっています。

 

基本的に多肉植物の根は常時濡れていてよいことはありません。

腐らせてしまう一番の原因は水をやりすぎていること。

イメージ的には水が必要な時には吸わせる、そしていらない時には含ませないという感じです。

 

まずは水やりについての記事を参考にしてみてください。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物はとにかく枯らさない環境を作ることが大事です。 実は枯らしてしまう人ほど難しい環境で多肉を育てています。 水はけが悪い土に植わっている 根がたくさんポットいっぱいに張っている 日光が足りず徒長し[…]

多肉植物は庭の家庭菜園の野菜のように朝晩の水やりはいりませんし、基本的に土の水分を保つ必要がないんです。

水やりは慣れるまではなかなか難しいかもしれませんが、言葉足らずにならないように、徐々に記事を書いていった中で解説できればと思います。

ここまでいろいろ書きましたが

お伝えしたいことは多肉を買ってきたらどうするのというシンプルな話です。

要点としては、

・できる限り早めに植え替えする

・状態を確認してから水やりをする

・新しい土と鉢(ポット)に植え替え

 

大前提に私の持論であってすべて正しいとは思わないでください。

ただこの方法で今まで様々な方法を試しながらやってきましたし、枯らさずに管理できており間違ってはいないと思います。

特に初心者さんには管理が先々楽になると思いますよ。

 

徒長についてもこちらの記事をぜひ読んでみてください。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物を扱っているお店で、またはご自身で管理している多肉がこんな感じになっていることってありませんか? [caption id="attachment_134" align="aligncenter" wi[…]

あと悪い苗だから買わないのかというところも難しくこの記事では書きませんでしたが買うこともあります。

 

病害虫対策の記事、植え替えの記事も書いていますので過去記事などをご覧いただいて参考にしてみてください。

またぜひご覧になってください。

ご覧いただきありがとうございました。

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。楽しく多肉植物を一緒に育てていきましょう!