【ビギナー向け】多肉植物を買ってきたらすること。まずは植え替えをしよう!

皆さんこんにちは。

お花屋さんやホームセンター、最近では雑貨屋さんでも多肉植物を売っているのを目にします(100円ショップでも。しかも安い!)

もちろん多肉植物を専門的に扱っているお店もあります。

 

おしゃれな寄せ植えになっている商品を除き、黒ポットや小さなプラスチック鉢に入って販売されている多肉が多いです。

購入時の注意に関しては別の記事で解説しますので、今回は好きなものを買ってきた後の話をしたいと思います。

 

はっきり言って素人が多肉を買うというのは、目利きのレベルで言うと3段階だと思っています。

良質なもの(良い状態)、許容範囲(まぁまぁ)、悪い状態(徒長している、枯れている、腐っている)

せいぜいこのレベルです。

 

かなり悪い状態のものを率先して買う方は少ないと思いますので多少悪いものを選んでしまって問題はありません。

ただできれば良いものをというのが普通です。

ではお好きなものを買ってきたらよく見てもらいたい点が何点かあります。

土は乾いているか濡れているか確認しましょう

これは以後の作業が変わりますので結構重要です。

お店によってですが、室内で管理しているところや外など売場の場所はさまざまです。

そして管理もしっかり手入れができる店と、とりあえず入荷したから置いてあるレベルのお店、直営で販売している農家さんのお店など水やりをするタイミングや頻度も変わってきます。

水やりについての記事は長くなりますので別の記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは。 私が書いているどの記事でも口酸っぱく書いているのが、多肉素人がやることはとにかく枯らさない環境を作ることにあるということです。 枯らしてしまう人ほど難しい環境で多肉を育てています。 水はけが悪い土に植わ[…]

 

本来は状況に合わせて水やりをしなくてはいけないのです。

しかし忙しいお店、人数がいないお店(私も以前ホームセンターで働いていました)、多肉に詳しくない店員さんなど管理がうまくいかない状況もあるのです。

そのため決めた時間で水をあげてしまったり、逆にやらないでしまったり、適切でない状態であげてしまうことで状態が悪くなっている場合があります。

管理ができていないお店の場合、まず間違いなく入荷後すぐに購入できた場合以外の多肉はどんどんダメになっていきます。

そもそもどんな土に植わっているのか確認しましょう

これはかなり重要な話なのですが、土については長くなりますし本当に重要なので別記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは! 今日は多肉植物用の土について書いていきます。 最初にお伝えしておきますが、私は多肉農家でも農業の専門家でも植物などの研究者でもありません。 あくまで個人の見解となりますのでその点はご了承ください。 […]

関連記事

皆さんこんにちは。 植え替えをする際に使用する多肉植物用の土について記事でお届けしました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://dmtaniler.work/archives/86] まだお読みでな[…]

簡潔に申し上げると、ポットに入っている土で多いのが一般的に培養土と言われるような土を想像してください。

黒土や腐葉土、鹿沼土などがブレンドされた園芸用の土です。それに近いものが多いと思います。

一般的な培養土はこんな感じです。

そのポットはそもそも長く育成するためでなく多肉農家さんが商品として出荷するために育成して大きくするために使っている状態です。

幼苗の状態に適しているといっても良いでしょう。

悪い意味では大きくなった苗には適さず水はけが悪く空気の通りも悪い状態です。

私は家に着いたらすぐにポットから外し、土を落として新しい鉢がないなら別なポット(菌が繁殖していたら困るので)に新しい土を入れて植え替えます。

 

植え替えの土については、先ほどの記事を参考にしてください。

 

買った苗の土が濡れている場合は、土を落として根が乾くまで翌日かその次の日まで土に植えないで管理することもあります。

間違いないのはそのままのポットの状態で放置せず、できるだけ早めに新しい土に植え替えをしたほうが良いということです。

 

まずは市販の多肉植物用の土で良いので植え替えをしてみてください。

重要なのは水はけの良い土で管理したほうが楽ということです。

植え替えたら水やりするの?

購入して家に帰ってきたら、まずは土の状態をみて濡れているか乾いているかを確認してみてください。

私の場合は、もししばらく水やりしていないだろうと推測できる場合、葉がしわしわになっている場合、さらに条件としては真夏の昼間以外なら水を鉢からしっかり出てくるまであげます。

もし葉がしわしわでない、土が濡れていたという場合はあげないようにしています。

品種によってもちろん様々です。

 

しかし少なくとも多くの品種が成長期の春や秋でも1週間に1回はまずあげないものがほとんど、休眠中の夏場は1カ月ほどあげないものもあります。

基本乾燥気味に育てるのが良いとされていますがその通りだと思います。

根が濡れていてよいことはありません。

イメージ的には水が必要な時には吸わせていらない時には含ませないという感じです。

 

まずは水やりについての記事を参考にしてみてください。

関連記事

皆さんこんにちは。 私が書いているどの記事でも口酸っぱく書いているのが、多肉素人がやることはとにかく枯らさない環境を作ることにあるということです。 枯らしてしまう人ほど難しい環境で多肉を育てています。 水はけが悪い土に植わ[…]

多肉は庭の家庭菜園の野菜のように朝晩の水やりはいりませんし、基本的に土の水分を保つ必要がないんです。

水やりは慣れるまではなかなか難しいかもしれませんが、言葉足らずにならないように、徐々に記事を書いていった中で解説できればと思います。

ここまでいろいろ書きましたが

お伝えしたいことは多肉を買ってきたらどうするのというシンプルな話です。

 

要点としては、

・とりあえずすぐに植え替えする

・基本的には水やりはすぐはしない

・新しい土と鉢(ポット)に植え替え

大前提に私の持論であってすべて正しいとは思わないでください。

ただこの方法で今まで様々な方法を試しながらやってきましたし、枯らさずに管理できており間違ってはいないと思います。

特に初心者さんには管理が先々楽になると思っています。

 

徒長についてもこちらの記事をぜひ読んでみてください。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物を扱っているお店で、またはご自身で管理している多肉がこんな感じになっていることってありませんか? [caption id="attachment_134" align="aligncenter" wi[…]

あと悪い苗だから買わないのかというところも難しくこの記事では書きませんでしたが買うこともあります。

購入時に注意することはまた記事で紹介しようと思います。

 

またぜひご覧になってください。

ご覧いただきありがとうございました。またご期待ください!

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。