【葉挿し】葉挿しをするときの注意!葉を適当に並べてはだめ?

皆さんこんにちは。

葉挿しについて度々記事を書かせて頂いておりますが、葉挿しにチャレンジされましたか?

偶発的に葉が取れてしまったという方は、お試しで葉挿しをしてみるのも良し。

あえて増やしてみようと思った方は好きな多肉の葉を取ってチャレンジ。

枯れてしまうこともあり得るのが多肉植物なので、もしもの時の為にもありだと思います。

そんな葉挿しをするときの注意事項を今回はお伝えします。

この2つの葉挿しの違いわかりますか?

違いがわかりますか?

通常の状態は上です。

下が失敗した葉挿しです。

違いがわかりますか?

 

多肉植物から葉が出ている状態をイメージしていただき、上から見た時に見える側を「表」、下にある側を「裏」とここでは呼ぶことにします。

写真の上の葉は表の状態で芽と根が出ていますが、下の葉は裏の状態で芽と根が出ています。

 

違うものを見てみましょう。

根っこに注目!

この葉も裏向きのまま土の上に置いて根が出てきたものです。

よく見てください。

根が付け根の上側から生えており、そこから下に向かって伸びているのがわかります。

 

このことからわかるように本来は表の状態がセオリーで、芽は表の状態で上に伸び、根は下に向かって伸びていくのが通常ということになります。

結果的に上記の写真の葉挿しは、芽が本来と逆で下向きに生えてしまっているということです。

 

別の葉挿し

この葉挿しが逆どころか横を向いてしまっていますね。

仕方ないのでそのまま植えますが、普通の状態に比べてねじれているような感じになっています。

なぜそうなってしまったかは本当にシンプルな理由です。

こうなってしまったのは実は簡単な理由

こうなってしまった理由かつ簡単な解決策は、葉の向きを揃えることにつきます。

多肉が通常株についているときの向きに合わせて葉挿しを並べておけばこうはならなかったということです。

つまり、

中央の葉が逆向き

上記の写真では中央の葉が逆向き(裏)になっていますよね。

この状態で芽と根が出てくると先ほどの状態になってしまうわけです。

絶対にダメではありませんが、本来の方向でないところに根が伸びて、芽の部分も本来の逆向きに生えていますので変な形になってしまうこともあります。

生育不良になってしまうことも考えられます。

あとは最初はうまく育っていったとしてもその後は未知数な部分がありますのでできれば表向きに伸びていったものが望ましいと思います。

季節も合わせて気を使っておく

時期にもよりますが、葉挿しから芽が出てくるのは早くても管理がしにくい時期というのがあります。

皆さん予想がつくと思いますが、真夏と真冬です。

真夏の直射日光と真冬の氷点下には注意が必要です。

直射日光や霜が降りてしまうと当然ボツが発生してしまいます。

せっかくの葉挿しがおしゃかになってしまうのも残念なことですね。

 

私は主に鉢皿の上に乾燥した培養土などを少し用意して、その上に葉挿しを置く方法を取っています。

本などで紹介されている別の方法として、葉挿しを直接土の中に挿してしまう方法もあります。

個人的に通年同じ方法で葉挿しを管理するなら、芽と根がある程度しっかり出てきてから土に植え替えを時期に合わせて行った方が失敗が少ないように感じます。

それに合わせて、失敗を少なくする方法の一つが今回の葉挿しの向きの統一にあります。

どうしてもボツが出たとしてもその数を少なくしようという考えです。

あとがき

神経質にすべての葉をきれいに表に向けるのもいいですが、すべての葉で葉挿しがうまく成長するとは限りません。

付け根がうまく取れなかったもの、根だけしか出てこないもの、芽が出たが根が全く出てこないもの、葉が変色してしまったものなど絶対にボツは出ます。

そのボツの数を少なくすることはできることかもしれませんがゼロもありえません。

なのでそこまで気にしないという方は逆向きでも基本的に芽と根は出てきますので育てることはできます。

あとは葉挿しをするにあたりどれぐらいの量を葉挿しにするとか、あえて葉挿しにしているのかどうか、元株が枯れかかっていてその代わりに葉挿しにするのか、植え替え時に多肉を整理した時に結果葉挿しができてしまったなど状況は様々かと思います。

増やしすぎて後で管理が大変になってしまうことも想定しながら、葉挿しにチャレンジしてみてください。

きっと育て方の勉強になることはまちがいありません。

また葉挿しについて経過をお届けしていきます。

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。