【植え替え】2頭のゲッセルリンゲアーナを株分けして植え替え

皆さんこんにちは。

前の記事で株分け・植え替えを、ラウィーリンゼ・プレリンゼの2種類で行いました。

今回も自宅で育成していたゲッセルリンゲアーナが2頭で鉢で窮屈そうにしていましたので、株分けをして独立して植え替えをしてあげたいなと思います。

鉢に対して窮屈になって聞きた場合は、せっかくの多肉植物の成長をとめてしまわないように少し大きめの鉢に植えてあげるか、株分けや伸びた部分のカットができるなら大きさを調節してあげることが大切です。

それでは株分けから見ていきましょう。

今回株分けするゲッセルリンゲアーナ

 

3号鉢より大きい鉢です

2頭のゲッセルリンゲアーナです。

お店で見かけると2頭・3頭の多肉ってかわいく見えるんですよね。

このままでも全然問題はないのですが、窮屈そうな場合は株分けが望ましいですね。

やさしく土を落とします

いつも通り、鉢から多肉を取って土を落としていきます。

この苗も、以前植え替えをしていますのでポットの土でなく、ブレンド土なのですぐ落とすことができます。

なおかつ、数日以上水やりはしていませんので根から土を落とす作業もスムーズに行うことができます。

そういった細かいことが慣れてくると自然にできるようになって効率よく植え替えができるのでしょうね。

実際に多肉をたくさん育てていると、空いた時間に複数の多肉を植え替えをしたりすることも多いですから、ある程度手際が良い方が早くきれいに仕上がるのは間違いありません。

ひとつしか植え替えをしないならそんな必要はありませんのでゆっくりきれいに作業しましょう。

きれいに取れました

ブレンド土なのできれいに土が取れましたが、買ってきたばかりのポットの土ではこうもいかないです。

しばらくそのポットで管理されていたとすれば、根の部分がポットの下いっぱいに広がっていることも多く、少し根の整理も必要です。

水を求めて求めて根を伸ばしていったけど、ポットが窮屈でぎっしり根を張ってしまっているわけです。

水を吸うための場所である根が相当先まで伸びているわけですから、とても無駄な根の状態です。

相当長いストローで水を吸っているもようなものです。(もちろん主根だけでなく小さな根は途中にはあるけれど)

そういった根は少し整理をしてから株分けしましょう。

この真ん中で分けます

今回の株は、両手で2頭お互いを持って、根を2分割するイメージで分けてあげます。

プレリンゼのような多肉は、はさみでカットして分けてあげました。

これは品種によって多少違いがあります。

茎の部分でつながっている多肉の場合はむりやりちぎると株を傷めます。

このゲッセルリンゲアーナは根でつながっているような状態なので根を分けるということです。

すんなり分かれました

撮影の都合上片手で持っていますが、両手で根を分割しました。

はさみを使う必要はありません。

これでも根が多いなという場合は少し整理してあげると良いと思います。

そろそろ本題に入れます

それでは植え替えします

準備はオッケーです

使うものはすべて揃えておくと作業がスムーズにできます。

植え替えに使う道具はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物を買ってきてそのままの状態で放置していませんか? 多肉植物のポットに最初から入っている土は、長く育てるための土ではなく、多肉農家さんが幼苗を育成するための土です。 大きくなってきた多肉植物にはあまり適してい[…]

 

使用するブレンド土に関してはこちらの記事を読んでみてください。

関連記事

皆さんこんにちは! 今日は多肉植物用の土について書いていきます。 最初にお伝えしておきますが、私は多肉農家でも農業の専門家でも植物などの研究者でもありません。 あくまで個人の見解となりますのでその点はご了承ください。 […]

関連記事

皆さんこんにちは。 植え替えをする際に使用する多肉植物用の土について記事でお届けしました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://dmtaniler.work/archives/86] まだお読みでな[…]

 

あとは肥料・病害虫対策に関してはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物の育成はうまくいっていますか? 当サイトでは、とにかく枯らさないことを大前提としての管理を推奨しております。 別の記事をご覧いただいた方はご存知かと思いますが、とにかく枯らさないためということを[…]

 

あとは先程株分けしたゲッセルリンゲアーナの苗があれば準備オッケーです。

鉢底ネットを忘れずに

今回は素焼き3号鉢を使用します。

土入れでスマートに

入れているのは3種ブレンド土です。

市販の多肉植物用の土でも問題ありません。

パラパラ撒きます

半分ぐらい入れたら、ここで害虫対策のオルトランDXとマグァンプKを入れます。

入れすぎ注意!

肥料も薬も適量が大切です。

入れすぎはよくありません。

少し混ぜる

スコップで少し混ぜておきましょう。

恒例の高さチェック

今回は根が少し多いのですが、少しピンセットで土の中に入れてあげれば大丈夫かなと思います。

片側から決めていく

大丈夫そうなら片側から土入れでブレンド土を入れて決めていきます。

上まで入れていきます

今回は根がしっかりしているので、培養土のような細かい土がないものを使用しています。

ゲッセルリンゲアーナは、葉の部分にしっかり水分を蓄える種類なので、あまり普段水やりの頻度はたかくありません。

水が足りているときは、かなり葉の部分は固くなります。

必要な時にだけ水を吸わせれば良いという考えなので、水はけ・通気性を重視です。

少し抑える

もし沈むならその分土を入れてあげます。

沈まなければ植え替え完了です。

完成状態

きれいに植え替えができました。

もう一つも植え替え

2つ目も同じように

株分けしたもう一つも同じように作業していきます。

根がしっかりしていますね
こちらは少し培養土を混ぜておきます

小さい苗の方の成長を高めてあげるために、少し培養土を混ぜたブレンド土を上の方だけ入れてあげます。

成長促進とでも言っておきます。

どちらも植え替え完了

完成した状態を見ても3号鉢で大丈夫そうですね。

あとがき

スムーズな作業の為には土や道具の準備が大切ですので先に使うものを準備しておきましょう。

後は周りが汚れないような対策が大切です。

鉢皿の上で作業しているのもそのためです。

代用になるものがあれば何でも大丈夫です。

 

株分けの方法は適材適所なので、状況に合わせてはさみでカットしたり、根を手で分けたりといった具合に変わってきます。

それは多肉を鉢から取って土を取って初めて見てわかることなので、その時点で判断することになります。

 

後は成長を見守っていきましょう。

またほかの多肉の植え替えをする際は記事にしていきますのでお楽しみに。

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。