【植え替え】3頭のラウィーリンゼを株分けして植え替え

皆さんこんにちは。

多肉植物の多くの種類で成育期に入っています。

仕立て直しや植え替えにも適した季節になっていますので、自宅の多肉のお世話をしていきましょう。

 

今回は自宅で育てている多肉の3種類で株分けできそうなものがありましたので、2頭・3頭のものをうまく分けられればそれぞれ違う鉢に植え替えしてあげようと思います。

この記事では、ラウィーリンゼの作業を順を追って解説していきます。

今回株分けするラウィーリンゼ

触ると耳たぶみたいなさわり心地!

個人的に地味に好きな品種でありますラウィーリンゼです。

3号鉢が少し窮屈そうな状態になっております。

違う角度から見てみましょう。

3つ連結しております。

このラウィーリンゼは3頭です。

もともと買ったときから3頭でしたが、まだ苗がここまで大きくなかったので様子を見ていました。

しかし順調に育ってしまったので、これ以上形が悪くなる前に株分けしてあげようかなと思います。

鉢から苗を取る

鉢皿の上でやると汚れません

とりあえず鉢から苗を取って土を落としていきましょう。

ブレンド3種+培養土が入っています

買ってきたばかりの土ではないのですぐ根から土を取り除くことができます。

事前に植え替えをすることがわかっているなら、水やりをしていない状態の方が、作業がしやすいです。

土を全部落として大丈夫です。

下から見た状態です

土を落として下から見た状態です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、根が2方向に伸びていて、3頭ではあるのですが、2方向に真ん中から分かれています。

今回は真ん中で2つに割って片方は2頭のままで育てることにしました。

違う角度から。この真ん中で分けます。

 

軽く引っ張ったら取れました。

意外と簡単に取れました。

ある程度の大きさになると、それぞれが独立したいとばかりに根をそれぞれ出してきます。

つなぎ目?といいますか、接続されていた部分も必要がなくなってくると少し引っ張るときれいに分けることができるようになります。

あまり小さい苗や、うまく独立していない場合ははさみやカッターできれいに切ってしまえば同じことです。

植え替えていきましょう

準備が整ったら植え替えをしていきましょう。

植え替えに使う道具についてはこちらの記事を確認してください。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物を買ってきてそのままの状態で放置していませんか? 多肉植物のポットに最初から入っている土は、長く育てるための土ではなく、多肉農家さんが幼苗を育成するための土です。 大きくなってきた多肉植物にはあまり適してい[…]

 

多肉植物の土についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは! 今日は多肉植物用の土について書いていきます。 最初にお伝えしておきますが、私は多肉農家でも農業の専門家でも植物などの研究者でもありません。 あくまで個人の見解となりますのでその点はご了承ください。 […]

関連記事

皆さんこんにちは。 植え替えをする際に使用する多肉植物用の土について記事でお届けしました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://dmtaniler.work/archives/86] まだお読みでな[…]

時間のある時に読んでみてくださいね。

 

今回は苗が2つになりましたので、3号の鉢植えを用意しました。

肥料と薬も使用します。

肥料及び病害虫対策についてはこちらの記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物の育成はうまくいっていますか? 当サイトでは、とにかく枯らさないことを大前提としての管理を推奨しております。 別の記事をご覧いただいた方はご存知かと思いますが、とにかく枯らさないためということを[…]

 

準備完了

使うものがそろっていれば後は植え替えをするだけです。

このあたりは料理と同じで、

準備ができていればスムーズに先に進めます。

鉢底ネットを忘れずに

底に鉢底ネットを入れたら土を入れていきます。

途中で根を土に入れなくてはいけないので、大体半分ぐらいまで入れるのがベターです。

その時点で、必要ならばマグァンプKとオルトランDXとを入れておきましょう。

最悪植え替え終わって上からパラパラでもいいのですが、根から吸い上げることで効果がでますので、混ぜてしまった方がいいかと思います。

ここで高さを見ましょう

最終的にどの高さに来るかチェックしつつ土を入れていきます。

根が長い場合はピンセットで少し土の中に押し込んであげると良いでしょう。

まずは片側を決める

先に片方の壁側を決めてしまうと倒れなくなります。

真ん中に多肉がいる状態で土入れで入れていきます。

位置を調整

寄せ植えではないのでそこまで難しくはないはずです。

イメージ的にはこの高さに来るなというところで浮かせて苗を持っておき、土入れで土を入れていけばいいです。

最終的に上記の状態で少し微調整して位置がずれていれば調整します。

土を上までしっかり入れる

最後に土を指で押さえて沈むようなら、土を追加してという作業を行います。

しっかり上まで土が入れば完成です。

2つ目も同様に作業すればOK!

根をきれいに土の中へ

鉢の中に土を中ごろまで入れたら、2つ目の苗も根をピンセットで土の中へ入れました。

この方が簡単ですし、しっかり下向きに根が入るので良いです。

後は1つ目と一緒です。

こちらも、横から土を入れていきます。

根は埋まっているので、どんどんいれていって大丈夫です。

完成の高さに上で苗を持ち浮かしているようなイメージで、そこに土を入れていきます。

位置の微調整はこのくらいまでに

写真の状態では苗が真ん中にない状態ですね。

このくらいの土の量と、まだ締めてない状態の土なので、簡単に動かせる状態です。

このくらいになったら少し多肉を動かして、位置を調整しましょう。

セダムなど葉が取れやすい品種はピンセットでつまんでも大丈夫そうな場所をもって動かします。

動かしたら、鉢の上まで土を入れて少し指で土を抑えて完成です。

きれいに株分け&植え替え完了

完成した状態を見ると、株分けするまでの状態で3号鉢は少し窮屈なのがわかります。

せっかくもっと成長したそうな苗も鉢が小さいと成長が鈍ってしまうので、植え替えは必ずと言っていいほど行うことになる作業ではあります。

あとがき

いかがでしょうか。

以前の記事でもお伝えしましたが、実際にはあまり時間のかかる作業ではありません。

解説しながら見ていると結構面倒に感じてしまうかもしれませんけどね。

株分けがなかったとすれば、鉢から苗を取り外して土を落として、新しい鉢に土を入れて苗を配置してしっかり土を入れて整えて終わりです。

円滑に植え替え作業をするためには、事前に道具などを準備しておきましょう。

 

根から土を外す際に土が乾いていた方がやりやすいという話をしましたが、さらにベストなのは水やりをそろそろやろうかなというタイミングです。

植え替え終わったら水やりを同時にしておいた方が、土も締まり根も落ち着きますので状態としてはベストです。

水やりして余りたっていない状態で植え替えたからと言って水やりをすると状況によっては根腐りの原因にもなりますので、気を付けてください。

私の中では水やりがとても大切な作業と位置づけています。

水やりに関してはこちらの記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは。 私が書いているどの記事でも口酸っぱく書いているのが、多肉素人がやることはとにかく枯らさない環境を作ることにあるということです。 枯らしてしまう人ほど難しい環境で多肉を育てています。 水はけが悪い土に植わ[…]

 

次回も植え替えの記事を書いていきます。

今回もご覧いただきありがとうございました。

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。