【葉挿し】成長観察:葉挿しのやり方と植え替え方法の解説

皆さんこんにちは。

前回から葉挿しについての解説をしています。

誰もがわざわざ葉挿しを作る必要はありませんが、好きな品種をたくさん欲しいから・枯らしたくないから増やして別で管理したい・管理を覚えたいからなど理由があれば行って良いと思います。

季節的にも真夏の時期より管理が楽なので試してみる価値はあります。

多肉植物の特性を覚えてくると育成が楽になるだけでなく、楽しくなってきますよ!

葉が偶然取れてしまったから葉挿しにしてみようかなというのも葉挿しをしてみるきっかけになります。

今回は葉挿しの方法を流れに沿って解説していきます。

葉挿しのやり方

 

今回葉挿しにする桜牡丹
かなり徒長しています

まず上記の写真ですが、買ってきたときから少し徒長気味だったのですが、植え替えて鉢植えで管理していた桜牡丹です。

グラプト系なので育てやすさはまずまずです。葉挿しには向いている品種になります。

今回はかなり徒長していますので先端はカットして挿し芽に、残りの葉はすべて葉挿しにしようと思います。

このあたりの判断は、親株がどのような状態かというところで変わってきます。

子株が少し親株から出てきている場合は、その子株を残して親株も管理し続けます。

今回は一切子株が出ていない状態だったので、葉挿しとカットからの挿し芽にしました。

やさしくつまんで左右に動かすと簡単に取れます

根本的なやり方は、葉をつまんで左右に少し動かすイメージといえば伝わるでしょうか。

あくまでも右・左という感じでやらないと変な感じにもげてしまうので、そうなるとその葉はボツになってしまいます。

画像では撮影の都合上片手でやっていますが、抑えながらやっていただければ楽にできると思います。

根本の部分がちぎれてしまわないようにやさしく行ってください。あくまで根本の部分がないと根も芽も出てきません。

画像のようにきれいに取れればOKです。

今回は、先端付近を残してすべて葉を取ります。

カットした先端部と取り終わった葉の部分

先端部は大胆にカットしたので、数日断面を乾かして挿し芽にします。

すぐに挿してしまうと切断面が黒く腐ってしまうことが多いので乾燥させた方が簡単だと思います。

挿し芽は数日後に土に植えてから約1カ月は水をやらずに根を出させます。

個体差があるので、私は2週間ぐらい経った頃からたまにやさしく引っこ抜いて、根が出ているかチェックして出てきたら水やりを開始しています。

根(芽)が出るまでまずは放置

葉挿しにする葉を取り外すことができたら、何でもよいので乾いた土(培養土でも良い)の上に並べて断面を乾燥させ根(芽)が出るまで放置します。

品種がわからなくならないように、ラベルか何かで目印をつけておきましょう。

あまりたくさん葉挿しにしすぎても管理をするのはご自身ですから、育成スペースと相談の上、葉挿しをする枚数を考えておきましょう。

夏の直射日光が強く当たる場所は避けましょう。葉の細胞がだめになってしまいダメになってしまいます。

ちなみに根が出てくるまでは、日光に当てなくても大丈夫です。

できれば葉の生えている状態と同じように、通常上を向く方を上にしておきましょう。

その方が根は下に、芽は上に生えますので失敗が少ないです。

以前葉挿しにした多肉の植え替えを見てみましょう

1カ月半前にピンクプリティーを葉挿しにしました。

少し徒長しているものが安く手に入ったので、いろいろ実験も兼ねて多くの葉挿しを作りました。

グラプトベリアなので比較的育てやすく葉挿しにも悪くない品種です。

ほぼ同じぐらいに成長しています

大体この状態になるまで1カ月半です。

見た目もかわいい小さな芽が育ってきています。

しかし実験とはいえ量が多すぎる!(笑)

 

時期によっては成長するまでの期間が前後するかもしれません。

他の葉挿しと比べると比較的早い期間で根(芽)が出てきてくれます。

同じグラプト系なので、桜牡丹も同じぐらいの期間で育っていくと予想されます。

ある程度育ったら土に植え替えを

葉挿しが育って最終的には土に植え替えをすることになります。

少し早いですがピンクプリティーも植え替えてみたいと思います。

このタイミングは絶対にこうしてくださいという決め付けはできません。

 

葉挿しをする時点で最初から土に付け根部分を埋めてしまうやり方もありますし、葉の部分が枯れてくるぐらいまで植え替えないというのもありです。

私はさまざま方法を試してみましたが、芽がある程度の大きさになった時点で植え替えをしてしまいます。

あまりシビアに考えなくても良いです。

芽が出ているけど根が出ていない場合は土の上に乗せておけばいずれ根が出てきます。

ブレンド土(培養土多め)を準備

多肉植物に適した土については以下の記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは! 今日は多肉植物用の土について書いていきます。 最初にお伝えしておきますが、私は多肉農家でも農業の専門家でも植物などの研究者でもありません。 あくまで個人の見解となりますのでその点はご了承ください。 […]

関連記事

皆さんこんにちは。 植え替えをする際に使用する多肉植物用の土について記事でお届けしました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://dmtaniler.work/archives/86] まだお読みでな[…]

この記事で紹介したブレンド土+培養土を使ってみましょう。

今回は葉挿しの量が多いので土も育苗用のトレーを使用するため大量ですが、数枚の葉挿しなら鉢植えを用意してその分の土で十分です。

葉挿しは花用の培養土だけでも育ちますが、肥料入りの培養土の場合、成長が早くなりすぎて徒長する可能性があります。

また葉挿しでも根腐れにならないようにする必要があるので、水はけが悪い土は気を付けないといけません。

市販の多肉植物の土(軽石メイン)に花用の培養土を半々ぐらいでブレンドしても大丈夫です。

 

今回は3種ブレンドを主体に、培養土を最後に上の方に撒くイメージで混ぜます。

基本の水はけの良い3種ブレンド(小粒の軽石・赤玉土・鹿沼土)だけだと葉挿しの根がうまく成長できません。

成長した苗と違い、培養土を入れて調整してあげます。

ピンセットで根を土の中に入れてあげます
1つずつやさしく・丁寧に行いましょう
たくさんあると結構時間が掛かります

イメージがわきましたか?

しばらくはこの状態で管理していきます。

まだ根がうまく出ていないものもあると思いますが、その場合は少し水を土に含ませるぐらい水やりをすると根が出るのを促進します。

葉が枯れるまでは葉から水と養分をもらえるので極論水やりは不要ですが、私は根が育つのを促進するイメージで数日に一度軽く表面が濡れる程度水やりしています。

植え替え後の注意

この状態で雨ざらしにすると腐らせる原因になるので注意です。

この大きさでも日光に当てないと徒長してしまいますので、置き場所にも気を付けてください。

肥料は極論いりません。大きくなるまで同じ鉢植えで管理する場合などは、少しマグァンプKを土に混ぜておくとよいです。

また、幼苗の時期は虫に食べられやすいです。

他の野菜を育てている方はお分かりかと思いますが、苗の時期はまだ成長途中で弱い状態です。

オルトランDXなどを土に混ぜて対策をしておいた方がベターです。

肥料と病害虫対策については以下の記事で解説しています。

関連記事

皆さんこんにちは。 多肉植物の育成はうまくいっていますか? 当サイトでは、とにかく枯らさないことを大前提としての管理を推奨しております。 別の記事をご覧いただいた方はご存知かと思いますが、とにかく枯らさないためということを[…]

管理に対して注意するのはこれぐらいで、あとは育つのを待つだけの状態です。

あとがき

葉挿しの方法と植え替えについて解説しました。

そこまで難しくないので気軽にチャレンジしてみてください。

葉挿しに不向きな種類の多肉もあります。セダムは特に難しい品種が多いです。

よく見かける恋心・乙女心なども成功率が低いのであまり葉挿しにしませんが、そういった種類を葉挿しにしてみるのも勉強になって良いかもしれません。

今回葉挿しにした桜牡丹、植え替えをしたピンクプリティーの成長具合を定期的に記事でお伝えしていきます。

また次回の記事でお会いしましょう。ご覧いただきありがとうございました。

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に、気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。このサイトの情報で多肉愛好家が少しでも増えることを願います。