【多肉植物の土】多肉植物に最適!?赤玉土について詳しく解説します!

皆さんこんにちは。

今まで多肉植物のブレンド土などをご紹介してきました。

関連記事

皆さんこんにちは。 このブログでは度々、ビギナーや素人が多肉植物を管理するのに楽な状態を作ることの大切さについて書いています。 楽な状態を作る必要性は、できるかぎり多肉を枯らさないようにするためです。 素人が一番してはいけないのは多肉[…]

たくさんアクセスを頂きありがとうございます。

 

その中でも少し触れましたが、今回は赤玉土について少し掘り下げていこうと思います。

多肉植物だけでなくガーデニングでも使っている方も多いと思います。

実際に使用している経験をもとに解説していきます。

赤玉土についてのおさらい

ブレンド土の記事でも触れましたが赤玉土とはそもそも何?というところからおさらいです。

赤玉土とは関東ローム層の赤土が原料です。

大きさは細粒・小粒・中粒・大粒があります。

ペーハーは弱酸性。

あたりさわりない土の筆頭です。

 

通常のものと焼き固めた硬質赤玉土があります。

鹿沼土より保水性があり、黒土より排水性があるためよく培養土のブレンドに使われます。

ただし水を含んで・乾いてを繰り返すことで粉状になりやすいのがデメリットです。

硬質のものは通常のものに比べ崩れにくくなっています。

 

赤玉土は適度な保水性があり、しかし排水性はきちんと保たれていて、弱酸性の土なのであまり極端すぎる用土ではありません。

成長が早くなったり極端に遅くなったりすることはありませんので比較的ゆっくりながら、管理はしやすい状態はクリアできます。

 

大きさはどれがベスト?

粒の大きさに関しては一概にこれがいい!とは言えないのが実情です。

細粒

それはもちろん育てる植物のサイズによって適したサイズが変わるためです。

鉢底石にするわけではない場合、私の経験上、細粒か小粒しか使うことはありません。

以前は小粒をメインで使用していました。

別の植物用に買っておいた細粒を試してみたところ、3号ポットサイズや葉挿しを植えるためのトレーなど小さな多肉植物に関しては、細粒の方が根張りが良く管理しやすいことがわかりました。

そのため最近では細粒の方が使用率が高くなっています。

使い方の例

実際に多肉植物に使用している状態を見ていただければと思います。

まずは3号鉢のハオルチア・オブツーサを見てください。

細粒の赤玉土に鹿沼土と軽石の小粒をブレンドしています。

保水性も適度にあるのでハオルチアにも使えます。

 

葉挿しが育ってきて植え替えるときにも細粒がおすすめです。

根が細いので土も細かい方が育ちやすくなります。

花用の培養土・プランター培養土などを使ってしまうと水はけが悪いのであまり多肉植物には向いていません。

根腐れの原因になります。

 

カット苗の植え替え時には大きさに合わせてブレンドしましょう。

根があまり出ていないものは細粒、育っているものには小粒が合います。

 

葉挿しを育てるときにも下に敷く土として使用できます。

実際にはどんな土でもいいときこそ赤玉土に頼ってみましょう。

あとがき

今回は赤玉土に関して掘り下げてご紹介しました。

私は赤玉土を推していますが、鹿沼土の方が絶対いい!とか日向土を使った方がいいといった意見もあるかもしれません。

それも試してみる価値はありますね。

一番重要なのは管理しやすく枯らさない環境です。

よりよく育てる努力はいいですが、枯らさないで何年も多肉植物を楽しめる環境づくりが先決です。

極端な方法や難しい方法はやめた方がいいと私は思います。

ぜひ赤玉土をうまく使って多肉植物を育ててみて下さい。

ご覧いただきありがとうございました。

>多肉植物をもっと身近に

多肉植物をもっと身近に

ビギナーがもっと簡単に気軽に多肉植物を楽しめるようになること。 それが私たちの願いです。楽しく多肉植物を一緒に育てていきましょう!